nanarice diary

イングリッシュ・コッカーのNANAとアメリカン・コッカーのARICEと オーナーkaznのきまぐれdiaryです。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悲しいこと ;_ ;

今日NHKの番組で、「ペットブーム・障害犬の悲劇」というテーマを取り上げていた。

家族として迎えたワンは私たちにとってかけがえのない存在だし、ちょっとした体調の変化にも一喜一憂してしまうのに…

どんなに良い交配をさせても病気になってしまう子もいるだろうし、リスクを伴うのは仕方ないことだと思う。
でも、障害の出る確率の高い無理な交配をあえて重ねていくなんて
珍しい毛色の子を作り出すために…? 高額で売れるから…?
なんだかとっても悲しくて、やりきれない気持ちでした

ワンたちには何の罪もないんですよね!
たとえ障害があっても、病気であっても、今を精一杯生きている…
そこにいてくれるだけで私たちの心を癒してくれる…
だからこそ無条件に愛すべき存在なんだと思います

本来は狩猟犬(?)
P1070026.jpg
でも今はすっかり家庭犬になったコッカーズ(笑)

P1070028.jpg
久しぶりに会ったアメコのラブちゃんとアリス♪
スポンサーサイト

*Comment

 

ナラ達は今とても幸せに暮らしているけれど、ナラの子供達は今どうしているかなぁ
そんなことも気になります。
近くのペットショップには大きくなって売れないワンちゃんが裏にいるとか・・・
人間の都合で幸せになれないペットちゃんがいるのかと思うと心が痛みます。
飼えなくなったペットの処分(先日ポチたまで放送)もう・・・
生まれてきたからにはみんなが幸せにe-415

 

コッカーさんも、緑内障やらチェリーアイやら、目のトラブルは多いわ股関節疾患は多いわ、けっこう交配に無理重ねたな、という子が多いですよね。
ウチも以前、先天性緑内障の兄弟犬飼っちゃって、タイヘンだった。。。。
とにかく競技に出すわけでも仕事で使うわけでもない、今の家庭犬たち、丈夫で健やかが何よりですねー。
そういう考えで交配していっていただきたいと、切に願います。
  • posted by degipochi 
  • URL 
  • 2006.06/21 17:43分 
  • [Edit]

観ました 

私も観ました。
白内障のコッカーちゃん。可愛いお顔の子でしたね。
目に疾患のある親からは必ずと言って良いほどお目目に疾患でますね。
コッカーの場合カラーによってしてはいけない交配も普通の人は知らないのかな?
(ブリーダーさんでも居ますがv-41
アスコブ(バフ・ブラック他)×パーティーカラーの交配v-358

kaznさんがおっしゃるとおり、健康な両親からでも障害を持って生まれてくる子も居ますよね。
だから余計先祖の遺伝まで・・・
熱くなってくるなぁv-359
でもね、一生懸命やっている良いブリーダーさんだって居るんですけどね。

  • posted by るる 
  • URL 
  • 2006.06/21 20:38分 
  • [Edit]

 

ナラママさん☆

ナラちゃんのベビーちゃんたちは知らないお家に行ったのかな?
でも幸せに暮らしているって信じたいですね!

動物に対する虐待や飼育放棄などの話は後を絶たないけど、少しでも救おうと頑張っている人たちもいるんですよね…


degipochiさん☆

うちの近くにも先天性白内障で1歳にして片目失明してしまったアメコちゃんがいます。
両親はチャンピオン犬とのことでしたが…本当にかわいそうですv-409

毛色や見た目よりもまず健康であることを一番に考えて欲しいですよね。
アリスもちょっと交配に問題があったので(承知の上で譲ってもらいました)ミスカラーが出てはいますが、健康面では特に問題ないので、このまま健やかにすごして欲しいと思っています。


るるさんへ☆

あの番組見たんですね!
私が一番ショックだったのは、白の多いシルバーダップルを作るために、何度も近親交配を重ねていったダックス…
そこまでして珍しい毛色の子を作り出して、それを高値で買う人がいるという現実…
やりきれない思いでしたv-406

私もナナの交配を考えていた時期があるので色々本を読んだり、獣医さんに相談したりもしましたが、日本ではまだ数が少ないEコッカーの交配はとても難しく、安易に手を出せる領域じゃないと思って断念しました。

生まれてきた子には何の罪もないのです。
一つの『商品』のために、他の多くの命が犠牲になるようなことだけは止めて欲しいですね!
  • posted by kazn 
  • URL 
  • 2006.06/22 00:21分 
  • [Edit]

 

kaznさ~んヽ(*^^*)ノ
私もその番組録画して見たわ~!
VIVIちんのガウガウの事を以前イロイロ調べていて、遺伝の可能性もアリ と知ってから 交配の事は素人ながらすっごく気になってしまうのよね。
思い遺伝疾患でワン自身が辛い思いをするのはもちろんだけど、気質的な問題でVIVIちんみたいに恐怖や不安が前面に出ちゃうのだってやっぱりワンにとっては可愛そうな事だと思うんだよねぇ・・・
なににせよ、遺伝する情報をちゃんと整備できる環境に早くなって欲しいな~~
  • posted by キョ 
  • URL 
  • 2006.06/23 09:51分 
  • [Edit]

 

キョさん☆

ホンとねぇ、私もナナのことでは育て方が悪かったのかな、と思ってずいぶん悩んだけど、大部分は持って生まれた気質に由来するから、あとはそれとどう付き合っていくかなんだって…
この性格を受け継いだ子が産まれたら、やっぱり育てやすくはないですよねv-388
でも、家族に迎えるときにはなかなか性格まではわからないですものね。

アリスは近所で産まれた子なので、両親とも知っているワンちゃんだったし、しつけには何の苦労もなかったけど…

でもナナがいたから、しつけのことや交配の事もたくさん勉強したし、ワンちゃんの気持ちもちゃんと考えられるようになった気がするの^^;
同じEコカ仲間と知り合って、色々なことがわかるにつれ、しつけに対する気負い(?)も少なくなってきたしねv-290
VIVIちんと向き合うキョさんの姿勢はほんと参考になりますv-410
ナナとVIVIちん、やっぱり通じるものがあるのよねぇv-364
  • posted by kazn 
  • URL 
  • 2006.06/23 21:59分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://nanariceday.blog43.fc2.com/tb.php/81-565ea49b

左サイドメニュー

プロフィール

kazn

Author:kazn
東京都在住
Nana (E・コッカースパニエル) 2000.12.15生(9歳)
Arice (A・コッカースパニエル) 2004.7.26生(5歳)

最近の記事

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。